2017年3月1日京都大学発ベンチャーとして生まれました!

谷森達 理学研究科教授、高田淳史 同助教らの研究グループは、これまで開発してきた幾何光学原理に基づく核ガンマ線画像法や雑音除去法など、一連の核ガンマ線法画像化測定技術(ETCC技術)を社会で活用するため、ホウ素を用いた中性子治療(BNCT)用加速器を開発している福島SIC応用技研株式会社(以下、福島SIC)と共同で、2017年3月1日に株式会社京都Space Gamma(以下、京都SG)を設立しました。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/events_news/department/rigaku/news/2016/170301_1.html

カテゴリー: NEWS

2017年3月1日京都大学発ベンチャーとして生まれました!” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です